色づく暮らし

「日常をもっと楽に楽しく」暮らしのヒントたちを綴ります

収納は作りすぎないこと

 

 

神奈川県在住のライフオーガナイザー®︎あゆみです。

 

その人らしい暮らし、生き方を応援したいと思っています。

 

 

 

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

あっという間に3月になってしまいました。

つい最近、お正月だったような…。

1月は行ってしまう。

2月は逃げてしまう。

3月は去ってしまう。

 

3月は去ってしまう!ですよ…。きっと3月は一瞬で終わってしまうのでしょう…。

 

 

我が家には、二人の小学生がいます。

3日から休校になります。

どうせなら、新学期に向けてお片付けしようと思います。

現在の寝室を小学生の部屋にするかもしれません。

不安なことは考えず、楽しいことに目を向けるようにします。

 

 

昨今の収納や片付けブーム、すごいですよね。

私も片付け本を読んだり、テレビの特集、大好きです。

面白いですよね。

 

人の家って、本当に魅力的です。生活感があると尚良しです。

 

 

f:id:iroduku_life:20200301080907j:plain

これは綺麗な状態です。普段はおもちゃで溢れてます。

 

 

片付けたい!と思われる方には様々な事情があると思いますが、『もっと暮らしやすくしたい』という気持ちがある方が大多数ではないでしょうか?

 

私も、仕事・家事・育児が上手くいくように、家族が暮らしやすいように、と片付ける訳ですが、気を付けていることは作りすぎないことです。

 

 

収納本には、ケースがシンデレラフィットしている。

それぞれがキチンと収まっている。

見ていて気持ちがいいですよね。

 

しかし、人には向き不向きがあります。そして環境が変われば、収納方法も変わります。

その時々で変えなければいけません。

その時々でケースを買ったり、捨てたり…。なるべく避けたいですよね。

 

なので、極力収納用品は買いたくない。

買うなら、本当に好きな物だけ。

 

 

収納を作りすぎると、後で変えたくなっても、枠を変えること自体が面倒で合わない収納を続けてしまう。

ケースがシンデレラフィットで勿体なくて動かせない。

ケースの行き場がない。

収納を変えない言い訳が沢山出てきます。

 

 

来月はいよいよ新年度。

新しい環境で新しい生活が始まる方も多いと思います。

収納きちん派の方も、収納テキトー派の方も、

作りすぎず、柔軟な収納で楽しい暮らしやすい生活を。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

Instagramもゆるりと更新しています。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ayumi_segawa🌿ライフオーガナイザー®︎(@happanooto)がシェアした投稿 -