色づく暮らし

「日常をもっと楽に楽しく」暮らしのヒントたちを綴ります

今、大変な経験をしている人には敵わないけど。今の私に出来ること。

 

 

神奈川県在住のライフオーガナイザー、あゆみです。

 

 

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

HPはこちら

happanooto-1.jimdosite.com

 

 

 

 

今日は冷たい雨が降っています。

ガクガク寒さで震えながら、スーパーに行ってきましたよ。

 

 

f:id:iroduku_life:20201231140945j:plain

大好きな写真。ドリームキャッチャーの中に富士山がいます。富士山見えないけど…

 

 

 

 

今日は、ちょっと真面目な話。

 

 

 

 

現在、過去、未来。

 

 

 

いや、渡辺真知子の歌ではありません。

 

 

 

人はそれぞれ、色んな経験をして歳をとっています。

 

 

 

例えば、

女性なら妊娠、出産、子育て、子を持たない選択、不妊、養子縁組、流産、死産、死別…

子供というワードでも沢山の経験があるはずです。

 

 

 

よく、子育てが終わった方達がアドバイスをしていたりしますよね。

 

あれ、役に立ちますか?

 

 

子育て中の大変な状態で、

 

「子育てはあっという間よ」

「もっと手を抜いて、適当でいいんだよ」

 

と、言われても「本当に分かってくれてる?」と思ってしまいませんか?

 

 

 

過去の大変な体験は時間と共に色褪せていきます。

自分の感情でいくらでも色付けできてしまう。

 

 

大変な状態の人の気持ちがわかる人は、結局、今、同じように大変な状態にいる人。

だと思うんです。

 

 

でもね、

大変な人同士では前に進むのはなかなか難しい。

時間がかかってしまうんです。

 

 

 

そんな時に、客観的に物事を言ってくれる人がいると前に進みやすい。

具体的に話してくれる人。

軸のある人。

そんな人の話はストンと入ってきます。

 

 

 

 

私は過去(今だって?)片付けができなくて、

いつも子供達にイライラしていて怒っていて、

楽しい未来なんて想像できなかった。

 

 

いつも何かに縛られて、

その割に考えて動かない。

自己嫌悪なことばかり。

 

 

 

そんな私が子育てが大変だった時に出会った人生の先輩。

いつも明るくて、聡明で、色んなことを教えてくれて。

 

その人の話は、私の頭の固い殻をガラガラと崩してくれました。

 

今でも崩れていった感覚を覚えています。

 

 

 

大変な時には、きっとそんな人が必要なんだと思います。

 

 

 

 

今の私に出来ることは、

女性が暮らしやすく家を整えること

そうすれば少しでも気持ちに余裕が生まれます。

 

 

寄り添うだけでなく、客観的にアドバイスをすること

これが大切だと思っています。

 

 

 

 

暖かくなったら、色んな女性の暮らしを整えていきたい。

そんな風に思っています。

頑張るぞー!

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

Instagramもやってます